設計の基本作法
base

ここち設計室では、「暮らし」と「心地」をデザインするために、設計の基本作法を大事にしています。
当社の考える設計作法とは、以下の5要素を考えた設計です。

1地域と共に住まう

日本の西と東の風土が違うように、この中国エリア 広島県の中でも場所によって風土が異なります。家は風土に配慮してつくることで暮らしやすい快適な家となります。地域にふさわしい外観を考え、地域の美観に参加する。普遍的に永く美しく、街に馴染むデザインを考えていきます。地域と共に永く暮らしていける設計を心がけています。
地域と共に住まう

2光・風・熱の移動を考えた設計

設計をする際には、土地環境を考慮し、光・風・熱の出入りを考えた設計をしていきます。例えば、暮らし方に配慮した光の取り込み方や、風であれば、風の入りと抜けを考えた窓配置、間取り設計など、心地よい暮らしがおくれるように設計をしています。冬には日が入り、夏には熱の侵入を防ぐような、当たり前の基本設計に工夫を重ねております。
光・風・熱の移動を考えた設計

3断熱・気密への配慮

住まいにおける「窓」の存在は大きなものです。光、風、熱は、窓によってコントロールされる部分が少なくありません。樹脂サッシを標準仕様としており、基本性能の高い家づくりを目指しています。また、断熱材にこだわることで、高い気密・断熱性能を重視しております。さらには、自然素材を利用し、住空間の温度や湿度を調整しやすくし、「夏涼しく、冬暖かい」住まいを設計します。永く心地良く暮らしをおくれるように配慮しております。
断熱・気密への配慮

4暮らし動線の設計

住まいは、家族のコミュニケーションが生まれる場であると私たちは考えております。何気ない日常の中で、家族が笑顔で過ごせる生活動線を意識して設計をしています。また、家族それぞれが自分の好きな時間を過ごせることや、家事にストレスのない回遊動線、空間や収納の配置など、永く住まうことを前提に「世界に1つ」のご家族に最適な「間取り」と「動線」をご提案させていただきます。
暮らし動線の設計

5外構(木)の活用

当社では、外構による植栽(木)を設計に取り入れています。それは、植栽には日射遮蔽や採涼という効果があり、熱や風の調整に有効で、住まいを心地よい空間とするために欠かせないと考えています。何よりデザインの観点からも外観を美しく保つために植栽の存在はともて重要であると考えております。
外構(木)の活用